滋賀教区浄土宗青年会は宗祖法然上人の教えである「万民救済」を具現化するために社会貢献として
「おくりふだ」頒布事業と「近江米一升運動」・「ともいきECO活動」に取り組んでいます。
活動報告
おくりふだ
近江米一升運動
ともいきeco活動


お問い合わせ・ご意見メール
[メールを送る]

わたしたちは、幸いにも人として生まれてきましたが、いつかこの世から離れなければならない定めを持つ存在です。この定めからは誰もが逃れることができません。ですが、かなしいかな、その日がいつかということは誰にもわかりません。

最愛の人ともある日突然別れなければなりません。突然すぎると呆然となってしまって、なかなか受け入れることができなくて、どうしていいかわからずに、ただ時間だけが過ぎていってしまう・・・。

そんなとき、このおくりふだに向き合うことで、そういう複雑な気持ちを落ち着かせたり、亡き方との数え切れない思い出を振り返ったり、そして残念ながら伝えきれなかった亡き方への思いを整理しながら、極楽浄土に旅立たれる方に送る言葉を書いていただけたら、という思いで考案したものです。

おくりふだを書き終えると、出棺の際にお棺の中に入れていただきます。お浄土でゆっくりと読んでいただき、みなさまの思いを受け取って下さることでしょう。